ハリー・ポッター大人気施設“レゴランド丸パクリ報道”に「クリスマスイベント登壇」上白石萌歌(23)の事務所が大激怒「“事情聴取”に乗り出した」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ビジネス 社会 企業

「ルーモス!」

 

 紺のブレザー、白いスカートの“ハリポタコーデ”に身を包んだ女優・上白石萌歌(23)が「光よ!」を意味する呪文を唱えた。すると、館内のメインロビーに設置されたクリスマス・ツリーに明かりが灯った——。

 

 これは11月15日、今年6月に開業した東京・練馬区の「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 メイキング・オブ・ハリー・ポッター」での1シーン。オープン以来、初となるクリスマスシーズン到来を祝うライトアップセレモニーが開かれ、上白石がゲストとして登壇したのだ。

 

 イベント後、Instagramに〈わたし自身も魔法にかけられたような時間で幸せでした〉と投稿した上白石。だが、実は水面下でこの人気女優の所属事務所を激怒させる事態が起きていた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる