有愛きい同期母が悲痛告白「あの子らは夢見る奴隷です」《真相追及第9弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会

 若きタカラジェンヌの死から2カ月が過ぎても、劇団の過重労働の実態は変わらない。“奴隷”のような労働環境の改善とパワハラ撲滅を求める声が強まる中、宝塚では今日もまた新たな“事件”が勃発してしまった――。

 9月30日の宝塚歌劇団宙(そら)組の劇団員・有愛(ありあ)きい(享年25)の死から2カ月が経とうとする今も劇団の混乱は収まらない。

「どこの組のお母さんにとっても、娘を預けることにはすごくいろんな葛藤がある。有愛さんのことがなければ、宝塚の内情が外に出ることはなかったと思う」

亡くなった有愛きい

 小誌の取材にこう複雑な胸の内を明かすのは、有愛と同期生の母だ。彼女の娘は数年前に退団したという。

「娘は上級生に連日呼び出されて怒られて、と繰り返されているうちに何も考えられなくなった。最後は『自分の人生なのに自分の人生ではない』と思い悩んで辞める決断をしました」

 劇団在籍時の過酷な労働実態とパワハラについて述べたあと、この母親は悲痛な胸の内を明かした。

「あの子らは夢見る奴隷なんです……」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる