週刊文春 電子版

片山さつき大臣、国税口利きで100万円[証拠文書入手]

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「2人分も3人分もある存在感で女性活躍の旗を掲げてもらいたい」。安倍首相が高く評価する唯一の女性閣僚に重大疑惑が持ち上がっている。片山大臣が事務所ぐるみで財務省に口利きを行い、100万円を受け取ったというのだ。決定的証拠とともに爆弾証言を公開する。

◆ ◆ ◆

“口利き”の依頼を認めた

「2015年当時、私の会社に税務調査が入り、青色申告の承認が取り消されそうになっていました。そこで何とかならないのかと片山先生に相談したことは紛れもない事実です。片山先生が旧大蔵省出身ということも分かっていたし、秘書も『全然大丈夫ですから』と話していた。だから片山先生と秘書が指定してきた口座に100万円を振り込んだのです」

 衝撃的な証言を口にするのは、製造業を営むX氏。小誌の取材に片山さつき地方創生担当大臣(59)に“口利き”を依頼した事実を認めたのである。

「私が税務調査で悩んでいたことを耳にした知人から、『片山先生をご紹介しましょうか』と言われたのです。そして片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二(なむらひろじ)という男を紹介され、港区の麻布十番にあるビルの一室で彼と会いました。たしかワンルームだったと思います。税理士資格をもつ南村氏に『とにかく青色申告取り消しだけは困るんです』と話すと、『大丈夫ですから、安心してください』などと言われ、税務調査の対応をお任せすることにしたのです。

 その1カ月後だったでしょうか、15年7月に指定された口座に100万円を振り込みました。これで片山先生が働きかけてくれると信じていました」

 X氏が現在の心境を明かす。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年10月25日号

文春リークス
閉じる