西村康稔前経産相(61)が溺れた“黒ビキニ秘書官”とコネクティング外遊《安倍派裏金、架空パーティに続く重大疑惑》

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

 経産省の官僚をサクラ役にして「架空パーティ」を開催していたことが発覚した西村前経産相。安倍派の裏金問題が捜査されている最中、前代未聞のカネ集めに批判が殺到した。しかし、西村氏をめぐる問題は他にも――。

 

▶︎アパレル出身 政治未経験30代を経産大臣秘書官に大抜擢
▶︎「書類大量処分」「段ボール18箱を地元に」証拠隠滅疑惑
▶︎パーティ利益率驚異の99%、昼夜開催で1日2000万荒稼ぎ
▶︎「お大尽♥」とイチャイチャAPEC同行も仕事は切手貼り

架空パーティに「実態はある」

 ゴールドラッシュで発展を遂げた都市、アメリカ西海岸カリフォルニア州・サンフランシスコ。人々の夢と野望を呑み込んだ街で、1人の日本人の男が、各国の要人と渡り合っていた。

 米国の商務長官、インドの商工大臣、カナダの貿易担当大臣。男のカウンターパートは皆、それぞれの国で貿易を担当する首脳たちだ。男の顔は野心と充実感で満ち溢れていた。

 慌ただしい1日を終えると、男は、高級ブティックが立ち並ぶ街の中心街に位置する一流ホテルへと向かった。男が宿泊している部屋は、室内のドアで隣室と行き来ができる「コネクティングルーム」だ。日本を代表して国際会議に出席している男の隣室には、不測の事態に備えてSPが待機している――はずだった。

 しかし隣室にいたのは、屈強なSPではなかった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月28日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫