師走の寒空の下、私は閑静な住宅街で、ある人物を待っていた。どうしても伝えたいことがあったから。不審者と思われたか、交番のお巡りさんが近づいてきた。にっこり笑顔で答える。

 

「ある方にお会いしたくてお待ちしているだけです」

 

 名乗って名刺を渡せば、お巡りさんもにっこりと、

 

「記者さんですか。念のためお聞きしますが、どなたをお待ちに?」

 

「お巡りさんならお分かりになっているでしょ?」

 

 そう返すと苦笑い。そりゃそうだ。地元の交番の警察官なら、記者が誰を待っているかはすぐわかる。

 佐川宣寿氏。6年前、財務省の理財局長として森友事件の矢面に立ち、「交渉記録は廃棄しました」と虚偽答弁を繰り返した人。その陰で公文書の改ざんを主導した人。後に、国税庁長官に栄進したが、近畿財務局で改ざんを迫られた赤木俊夫さんが命を絶った2日後に事実上更迭された。私はその佐川氏を自宅のそばで待っていた。

公の場から姿を消した佐川氏

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春 2024年1月4日・11日号