週刊文春 電子版

小室圭さんが急接近したNY女傑弁護士の正体

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 メディア

「公」の使命を背負う秋篠宮家と、「私」の自己実現に邁進する小室家には埋め難い溝がある。その相克が白日の下にさらされた、秋篠宮さまの誕生日会見だった。NYで勉強に励む小室さんに、太平洋を越えて突きつけられた“最後通牒”。果たして両家の運命は――。

◆ ◆ ◆

 11月28日、正午(米国時間)。NYにあるフォーダム大学の教室に、白人男性らと談笑しながら一人の日本人学生が姿を現した。

 小室圭さん(27)だ。グレーのセーターに、チャコールグレーのカジュアルなパンツ。髪も伸びたようで、襟足が肩にまでかかっている。渡米から早4カ月が経ち、NYでの生活にも、すっかり慣れた様子だ。

 教室に用意されていたピザを手に取り、友人らと最前列の席に陣取ると、美味しそうに頬張った。

 学生仲間が語る。

「小室さんは、『汚職防止のためのキャリアプログラム』というテーマの特別講演会に参加。女性講師は20人ほどの参加者を前に、『投資銀行ではどのようなトラブルが起こるか』、『企業の汚職をどのように防ぐべきか』といった議題で熱弁を振るっていました。小室さんは、身を乗り出し、時に手元のPCを叩きながら、真剣に聞き入っていました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年12月13日号

文春リークス
閉じる