渋谷・新宿の景観を作った建築家のセンスを伝えるスマートな構成

テレビ健康診断

亀和田 武
エンタメ 社会 経済 テレビ・ラジオ

 いま、東京の街はどこもかしこも建設ラッシュの真っ最中だ。なかでも大規模工事で、街の風景と人の流れが、わずか一週間で激変するのが渋谷と新宿だ。

 新宿西口広場にぽっかり開いた穴を上空から映し、『日曜美術館』は建築家、坂倉準三の特集を始めた。

 坂倉準三。二〇世紀を代表する建築家、ル・コルビュジエに師事。幾つもの鉄道が交わる渋谷駅周辺の再開発を試みる。

 まずは東急会館。駅とデパート、劇場による初の複合施設だ。さらに東急文化会館。文化会館上階にはプラネタリウムがあり、一階は大型映画館の渋谷パンテオン。小学生の私はワクワク、至福感に包まれた。

 一人の建築家により、渋谷と新宿の景観と人の流れが決定されたのだ。しかし建物の老朽化などで、いま彼の創りあげた風景は急速に姿を消している。

新宿駅西口広場 ©AFLO

 新宿西口広場の竣工は一九六六年九月。秋のやや寒い夜、数人の友達と新宿駅の西口に降り立った。地下広場から上を見上げると、巨大な吹き抜け穴からは、夜空が見えた。吹き抜け穴を囲むゆったりした幅員のある道路を、次つぎ車が地下広場に降りてくる。

「すごいね、この眺め」と連れの男が讃嘆の声を上げた。「なんだか近未来の世界みたいだよ、手塚治虫の『0(ゼロ)マン』とかさ」。それが現実世界に出現したことに私は衝撃を覚えた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 1

source : 週刊文春 2024年2月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫