《脚本家、カメラマン、被害女優が実名告白》強姦監督・榊英雄(53)との「戦いはこれからです」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 芸能

 榊英雄容疑者(53)の監督作品「蜜月」でカメラマンを務めた早坂伸氏。2年前に榊の性加害を告発して以降、「映像業界における性加害・性暴力をなくす会」を結成、記者会見などで発信を続けてきた。だが、旧知の男性プロデューサーからは面と向かってこんな声をかけられた。

 

「正義を振りかざしている」

 

 性加害報道から逮捕までの2年間には、人知れず戦ってきた人びとがいた。

 榊が準強姦容疑で警視庁捜査一課に逮捕されたのは、2月20日のことだった。社会部記者が話す。

「榊は2016年5月、港区のマンションの一室で、女優志望の20代女性に演技指導と称して性的暴行をした疑いが持たれている。『タトゥーがあると大変だから裸を確認したい』などと、監督という立場を利用して犯行に及んでいたと見られます。『冤罪です』と否認していますが、警察は複数の女性から被害届を受理。自宅で押収されたSDカードからは、複数の女性とのわいせつ動画が50点以上見つかっています」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 21

  • 15

source : 週刊文春 2024年3月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫