週刊文春 電子版

JAL現役パイロット「オーストラリア飲酒隠蔽」を告発する

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

「JALの旧態依然とした隠蔽体質は変わっていません。外部からの厳しい目を向けてもらう必要があると思い、告発を決意しました」

 JALの社員証を手にしたパイロットの佐藤郁也氏(仮名)が明かしたのは、危険な飲酒フライトが野放しにされていた実態だった。

◆◆◆

 昨年10月、ロンドンの空港でJALの副操縦士から規定値の9倍以上のアルコールを検出、英警察に逮捕されたことは記憶に新しい。

「当該副操縦士は起訴され、懲戒解雇処分となった。その後、CAが機内でシャンパンを飲んでいたことも明らかになりました。国交省航空局が同社に立ち入り検査を行い、飲酒対策の抜本的な再構築と再発防止策の報告を求める事業改善命令が出されました」(国交省担当記者)

 だが、前出の佐藤氏は、「ロンドンの件は氷山の一角だ」と明かす。

「実は、パイロットが当局のアルコール検査にひっかかり、乗務を禁止された事例が他にもある。逮捕されなかったことをいいことに、JALはその事例を公表せず、隠蔽を続けています」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年1月17日号

文春リークス
閉じる