世界の猫を喜ばす。高邁な精神と裏腹に、新入社員にボロ家をあてがったことで批判を浴びたいなば食品。歪んだ企業体質は、社長夫人の横暴によって培われたものだった。そしていま、法令違反の疑惑までもが浮かび上がり…

 主力商品はツナ缶やタイカレー缶、愛らしい猫が脇目も振らずしゃぶりつくCMでおなじみの「CIAOちゅーる」。売上高1350億円、従業員数4800人を誇る大企業・いなば食品が揺れている。

 震源は、小誌が先週号で報じた「いなば食品 新入社員9割が辞退 女帝の“ボロ家ハラスメント”」と題した記事だ。

 悲劇は静岡県内の工場配属が決まった、一般職19人の身に起こる。いずれもこの春に学校を出たばかりの新社会人たち。

 東京での入社式を終えて迎えた3月28日、新入社員たちは新生活を送ることになる新居に案内された。そこで新人たちが目にしたのは、ボロ家と呼ぶほかない、あまりにも劣悪な住環境の“社宅”だった。

新入社員が入居を指示されたボロ家

 入社を辞退した女性が憤る。

「立地も最悪で、老朽化した築55年の物件もあった。近いうちに南海トラフ地震が来ると言われているのに、命を軽んじているとすら思いました。入社式では『社員は家族』という標語を全員で唱和しましたが、とても家族を住まわせるような場所ではありませんでした」

 木製の鍵にガタのきたトイレ、天井からは絶えず雨漏り――新生活を悲観して、19名のうち16人、じつに9割に迫る新入社員が入社を取りやめたのだった。

 そうした内容を報じた先週号の発売直後から、小誌にはいなば食品に関する告発が殺到した。匿名の情報提供も含めると、その数は少なくとも43件にのぼった。

 小誌はそれを受け、いなば食品関係者14人へのヒアリングを実施した。取材で浮かび上がったのは同社の異様な実態である。

 現役社員A氏が語る。「この度は大変お騒がせしました。お恥ずかしながら弊社は数々の問題を抱えています。同族経営の弊害に社員は長い間、苦しんできました」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 55

  • 29

  • 3

source : 週刊文春 2024年4月25日号