週刊文春 電子版

肉を食べて「熱中症」を防ごう!

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル ヘルス グルメ

漢方には「水毒」という言葉がある。熱中症対策といえば水分補給が常識だが、摂り過ぎはかえって毒と専門家は言う。身体に血を巡らせて熱を逃がし、栄養を摂るためお腹を冷やさないことが肝要らしい。そのための方法は何か。西洋医学と漢方の大家に話を聞いた。

◆ ◆ ◆

血をよく巡らせ熱を逃がす

 熱中症で倒れた人のニュースが連日のように飛び込んでくる。

 消防庁によれば、今年5月以降に熱中症の疑いで救急搬送された人は、全国で2万6441人。そのうち22人が亡くなっている(7月23日現在)。搬送された人の49.5%が高齢者だ。

 帝京大学医学部附属病院・高度救命救急センターの三宅康史センター長の話。

「今年の夏は熱波到来ではないので、いまのところ重症者は少ないという感触です。それでも、昨年の同じ時期に比べて救急搬送者の数は6000人以上も増加。特に本州の梅雨明け前の7月10日から16日の週は7680人と、前週の4241人の約2倍近くの人数に跳ね上がっています。天候が不規則なので、今夏は何が起こるのか予想できない怖さがあります」

 油断していると、誰もが危険にさらされるのが熱中症の恐いところだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年8月10日号

文春リークス
閉じる