これ、実話なんですけどね。

 この間、道を歩いていたら、突然、目の前に「チューブ入りのワサビ」が落ちてきたんです。見上げると、カラスが一羽「カァ」と一声鳴いて飛んで行きました。

 拾ってみると、まだ結構入ってます。「持って帰ったろうかな」。一瞬心が揺れましたが、カラスの落とし物のワサビを刺身につけてる自分の姿を想像して、何とかその誘惑を断ち切ることができました。

 最近、人生の“ワビサビ”いうものが分かってきた気がします。

Q

 私は上沼さんを崇拝している32歳のOLです。上沼さんのラジオ、テレビ、YouTubeは欠かさずチェックし、世の中のモヤモヤを見事に料理する「エミちゃん節」に溜飲を下げています。その一方で、最近上沼さんの話を聞けば聞くほど、怖くなってきたことがあります。

 

 それは「結婚」です。

 

 上沼さんは22歳のときに「過呼吸になるほど」好きだった相手とご結婚されたのに、今では「()(げん)病」と呼ばれる状態になってしまったとよく嘆いておられますが、独身の私はいつも震えあがっています。いつかは私も「この人!」と思える人と出会って……なんて思っていましたが、その先がもっと大変だなんて……。いったい何のために結婚するんだか、わからなくなってきました。

(32歳・女性 東京都)

 32歳のOLさん、私のせいで結婚が怖くなってしまいましたか。それは申し訳ないことをしました。

「心配しないでも、あなたにもきっといい人が見つかりますよ!」と言ってあげたいんですけど、そう言う替わりに、もうちょっと私の話にお付き合いいただけますか。

 あなたもご存じの通り、独身時代、私は今の主人に夢中でした。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 1

  • 0

  • 10

source : 週刊文春 2024年6月6日号