週刊文春 電子版

危険な「めまい」の見分け方

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

「起きた時に頭がグラグラするのよね」――マツコデラックスは周囲にこう漏らしていた。ストレス社会の影響で、めまいの患者が増えている。多忙、ストレス、はたまた家で動かないのもめまいの原因。著名人の体験談を交えながら、病気別の対処法をくわしく解説。

◆ ◆ ◆

「すごく久しぶりに引いた風邪が治らなくて、なんかボーッとするの。それに、起きたときに頭がグラグラするのよね」

 10月下旬、周囲にこう訴えていたのは、売れっ子タレントのマツコデラックス(45)。だが、これはただの風邪や体調不良ではなかった。11月10日、めまいが原因で入院することになったのだ。

「座った状態から立ち上がったところ、めまいがしたそうです。普通の貧血とかではなくて、目の前がぐるんぐるんと回るのを感じ、自分で病院に行きました。

 脳の検査もしたそうですが、どうやら三半規管に菌が入り込み、それが原因によるめまいとのことです。足元もふらついているから、倒れて変なところを打ったら大変。ですから、あくまで大事をとっての入院です。点滴をしてもらい、薬を処方されています」(所属事務所社長)

 すでに退院し、テレビ番組の収録にも復帰しているという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年11月30日号

文春リークス
閉じる