週刊文春 電子版

金子兜太〈享年98〉豊穣なる「定年後」 日銀マンから55歳で俳句一筋に

「週刊文春」編集部
ライフ 社会 ライフスタイル

 2月20日、戦後俳句を代表する俳人の金子兜太(とうた)氏が急性呼吸促迫症候群で亡くなった。享年98。人生100年時代の先駆者とも言うべき、その人生は多くの人々の心を惹きつけた。

◆ ◆ ◆

 長年、選者を務めた朝日新聞文化くらし報道部記者で「朝日俳壇」担当の小川雪さんが語る。

「一昨年に開かれた金子さんが出演する俳句イベントは、応募者数が定員を大きく超えて抽選となるほど。伊藤園の新俳句大賞の授賞式では、金子さんが退場する際には、少しでも金子さんに近づきたい来場者で人だかりに。タレントさんのような人気でした」

 金子氏は、埼玉県で医師の息子として生まれ、1943年に東京帝國大経済学部を卒業。日本銀行に入行するも、海軍主計中尉としてトラック島に赴任し、飢餓や捕虜生活を経験した。

 日銀復帰後は、敗戦を経てもなお保守的な会社に反発し、組合活動に没頭。しかし、そのために福島、神戸、長崎などの支店に回され、本人曰く「冷や飯を食わされる」ことになった。

 日銀に勤務しながら、1956年に現代俳句協会賞を受賞。62年にのちに主宰をつとめる俳誌「海程」を創刊する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年3月8日号

文春リークス
閉じる