昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/03/02

県民投票の結果に対する、与党の面々のコメント

岸田文雄 自民党・政調会長
「県民投票の結果を真摯に受け止める」

産経ニュース 2月24日

いつも無難な岸田文雄・自民党政調会長 ©文藝春秋

 24日に発表された談話がこちら。やっぱり「真摯に受け止める」。続くコメントは「沖縄県および県民の皆さまに理解とご協力が得られるよう、最善を尽くしてまいりたい」と、いつ何時も無難なのが岸田氏である。

二階俊博 自民党・幹事長
「真摯に受け止めなければならない」

産経ニュース 2月26日

 26日の記者会見より。こんな人も「真摯に」と言っていた。二階氏は「国民の生命と領土領空領海を守る体制の構築を図ることが重要だ」として、「沖縄県と県民の理解と協力を得られるよう、今後も党として最善の努力を尽くしていく」と語っている。

岩屋防衛相は「沖縄の民意」を相対化

岩屋毅 防衛相
「もちろん一つの沖縄の民意だと思うが、普天間基地の返還も沖縄の強い民意だ」

産経ニュース 2月25日

 辺野古埋め立て工事を推進する岩屋防衛相の発言。「結果は真摯に受け止めたい」としながらも、県民投票の結果を「一つの沖縄の民意」と相対化している。また、玉城氏が「普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還に向け、県との対話に応じるよう、強く求める」と発言していたように、「普天間基地の返還も沖縄の強い民意」であることは間違いないが、岩屋氏は「国は安全保障上の課題を抱えている」として今後も辺野古への移設作業を進めていく考えを示した。

岩屋毅防衛相 ©文藝春秋

岩屋毅 防衛相
「沖縄のみなさんの声を受け止めながらも、最終的にその気持ちに添うことができるように、沖縄の負担軽減、普天間の全面返還に向かって、一歩ずつ進めさせていただきたい」

沖縄タイムス+プラス 2月25日

 同じく25日の発言より。岩屋氏は沖縄の人たちの声を受け止めると言っているが、「普天間の全面返還」の前に「辺野古移設」というワンフレーズを飛ばして話しているところがミソ。「普天間の全面返還」には「辺野古移設」が欠かせないというのが政府の方針である。

 3月25日にも予定している新たな区域での土砂投入に関しては「準備が整い次第、一歩ずつ前に進めさせていただきたい」と語った。岩屋氏はいつ「沖縄のみなさんの声」を真摯に受け止めるのだろう?