昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

沖縄県民投票の各紙読み比べで気になった「投票率52.48%」の“多様な解釈”

「安倍スタジアム」一塁側と三塁側に見出しが分かれた

2019/03/01

 新聞の読み比べをしている当コラムですが、「大一番」の話題があった場合、一面を比べるだけでやはり面白い。

安倍首相 ©getty

 安倍政権を野球場にたとえてみると、ふだん「安倍スタジアム」の一塁側(ホーム)には読売、産経新聞がいて、三塁側(ビジター)には朝日、毎日、東京新聞がいるように思える。

賛否を問う「大一番」の一面トップは……

 では沖縄県民投票はどうだったか。米普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う大一番。投票翌日の一面トップ(2月25日)を見てみよう。

「辺野古『反対』72%」(朝日新聞)

「辺野古反対7割超」(毎日新聞)

「辺野古反対7割超」(東京新聞)

「適量ですか 高齢者の薬」(読売新聞)

「海自観艦式 韓国招待せず」(産経新聞)

 見事に一塁側と三塁側に見出しが分かれた。壮観である。

 しかし、読売も産経も1面の中で「辺野古埋め立て『反対』71%」(読売)、「辺野古 反対7割超」(産経)と報じている。そう考えるとやはり「全紙一面」のニュースだった。

投票の結果を受けて記者会見する玉城デニー知事 ©時事通信社

 違いがもっと出たのは2面の見出し。

 朝日新聞は「辺野古移設 明確な『NO』」

 読売新聞は「沖縄米基地『役立つ』59% 本社世論調査」

 なんとまぁ対照的!

「NO」の見出しの朝日に対し、読売は自社の世論調査の結果をもってきて「でも米軍基地は役立っているよね」と。