昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

竹下派の2人も総裁選に出馬か

 一方、揃って「高い所」「新しい頂」という表現で、総裁選への意欲を否定しなかったのが、竹下派の2人、加藤氏と茂木氏。

加藤 高い所を目指していくということですね。(高い所とは総理?)我々の世界で言えばね。

茂木 まずは今の仕事で険しい山登りが始まるわけで、その新しい頂にどういう景色が待っているか、ということに尽きると思っています。

茂木敏充外務相(左)と加藤勝信厚労相(右) ©文藝春秋

「ポスト安倍」はこの6人に加え、「文藝春秋」9月号で対談した菅義偉官房長官と小泉進次郎環境相の8人で争われることになるだろう。  

「文藝春秋」11月号では、「ポスト安倍」の6人に総裁選への意欲のほか、推薦人集めの戦略、自身が描く理想の国づくり、さらに日韓関係や憲法改正などについて連続インタビューを行っている。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー