昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2015/11/28

genre : エンタメ, 読書

夢の本屋と現実の棚

 入り口脇の棚に「まだまだ知らない夢の本屋ガイド」というフリーペーパーを置いていた。書店員ユニットによる、実在しない、空想上の本屋レポートだ。あたかもその冊子の中で紹介された架空の店舗であるかのように、棚を作っている。『デフ・ヴォイス』にも登場するコーダについての本、テーマパークのアトラクションを巡るメディア論、遊びをテーマにした哲学書、新進気鋭の詩人の詩集や昭和初期の文豪の随筆もある。ジャンルもテーマもバラバラで、実用性とはかけ離れたもののようにも見えるが、有地さんは、「射程が広いので、普通に言われる実用書よりも実用にかなう」という。

 あゆみBOOKS小石川店のツイッターで、ときどき現実には存在しない架空の本屋、架空の陳列についての投稿がある。いわゆる実用的な、例えばベストセラー確実な小説の新刊情報や店周辺のグルメスポット情報よりも、荒唐無稽な空想上の棚のイメージの方が面白い。ツイートがきっかけで著者や編集者、読者との交流もある。そのまま現実の棚に反映させられるわけではないが、フェアやPOPの中にそのイメージが活きていたりするそうだ。

夢の本屋「書肆 CHOOSE YOUR WEAPON(武器を選べ)」の棚をイメージして。

【本の話WEB読者にオススメ】

有地和毅さん、『学習まんが アフォーダンス』とともに。

 そんな有地和毅さんのオススメ本は、大林寛さんの原作・監修、コルシカさんのまんが『学習まんが アフォーダンス』(エクリ)。

 環境が人間に与える意味とか価値とかいう意味の「アフォーダンス」を、やさしくまんがで説明した本。一般の書籍流通に乗らない本なので、紙の本としては、あゆみBOOKS小石川店など、ごく限られた本屋さんでしか手に入らない。有地さんが惚れこんで仕入れているこの本も、世界との接点を読み解くためのツールと考えれば、射程の広いとても実用にかなう本なのだろう。

 

 あゆみBOOKSが好きだ。会社帰りについ寄ってしまう。楽しい。これからも遠慮なく、本当の意味で役に立つ、楽しい売り場を作ってほしい。

あゆみBOOKS 小石川店
住所 東京都文京区小石川 2-22-2 和順ビル1F
営業時間 月~土 9:00~25:00 日・祝 10:00~25:00
URL http://www.ayumibooks.co.jp/index.html
Twitter https://twitter.com/ayumibooks_koi

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー