昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 社会, 企業

文章を“縦読み”すると……

 一見、好敵手へのエールに思える。しかしよく見てみると、別のメッセージが浮かび上がってくるのだ。ポスターに載っている文章の文頭を縦に読むと「私たちの勝チ」と――。

文頭を上から読むと「私たちの勝チ」に ©文藝春秋

 折しも木下優樹菜が自身の同様の手法で《たかしあいしてる》というメッセージをインスタグラムで発信していたことが明らかになり、“縦読み不倫疑惑”で世間が騒然となっている。バーガーキングの隠れメッセージに気が付く人も多く、SNSには《縦読みこれマジですか》《左の列縦読みして寒気した、、、、》《高度な煽り芸だった(笑)》といった声が次々に上がっている。

 このメッセージを掲げた経緯や理由について、バーガーキング秋葉原昭和通店の店長に直撃取材したところ、店長は「本社を通してください」と焦った表情で回答。しかし店員はポスターへの反響について「そうなんですよ~(笑)」と答え、「縦読みの件は意図したものですか?」との質問には笑顔で頷いた。

 このポスターについてバーガーキング広報はポスターについて書面でこう回答した。

「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバルであるお店へ、敬意を込めてエールを送らせて頂きました。ポスターを見て、何を感じられるか、どのようなご意見をもたれるかは、お客様次第だと考えております。また、お客様がご自身の意見をどのような方法で他人に伝えられるか、あるいは世の中に発信されるかも、お客様次第だと考えております」

1月31日18時をもって閉店するマクドナルド秋葉原昭和通り店 ©文藝春秋

 バーガーキングとマクドナルドによる“対決”は世界では有名だ。2019年末にはイギリスのバーガーキングが、2019年の1年間に出した「ワッパー(一番大きなサイズのハンバーガー)」のすべての広告に、マクドナルドの「ビッグマック」を隠していたとインスタグラムで公開。つまり、ワッパーはビッグマックを隠せるほど大きいのだと、マクドナルドを挑発したのだ。

 マクドナルドも負けてはいない。2016年、フランス郊外に「マクドナルドまで5KM」と書かれた看板と、「バーガーキングまで258KM」という看板を並べて設置し、バーガーキングの店舗数が自社と比べて少ないことを皮肉っている。これ以外にも、2社によるバトルは世界中で行われている。

 閉店間近でにぎわうマクドナルドの若い女性店員にもポスターについての質問を投げかけると、こう笑って答えた。

「すごいですよね~、それでずっと混んでるんです。(バーガーキングのポスターは)なかなかですよね(笑)」

 

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー