昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

僕は今季、松本剛を応援する

 で、今日の本題は松本剛である。今季、大ブレークしたライジングスター。「交流戦首位打者」を丸佳浩(広島)と争い、僅差で敗れはしたものの近藤健介欠場の穴を埋める活躍だ。僕は今、気がつくと松本剛の打席を待っている。毎打席、本当に見応えがあるのだ。こう、メキメキ成長している感じがする。一瞬だけ静かにすれば集音マイクが「メキメキ」という音を拾うんじゃないか。

交流戦打率2位(.396)の好成績を残した松本剛 ©時事通信社

 松本剛は「帝京魂」の典型からちょっと離れている気がする。自分を前へ押し出すのでなく、一歩引いてまわりをよく見てるイメージだ。たぶん石橋貴明さんの語った「絶望的に自分と違うエリート」の側だ。名前は「剛」だが、印象は柔らかい。打席に立って、バットで左足のスパイクをポンとやる。知人の女子ファンはそのときの「ちょっと内また気味になる感じがキュンと来る」そうだ。

 バッティングにも柔らかい間がある。プロ6年目、以前とは見違えるほどバットを強く振れるようになったが(普段めっちゃ振り込んでいると思う)、小さないい間を持ってるのは高校時代と同じだ。

 松本剛は帝京の「4番ショート」だった。背番号は6。花巻東の大谷翔平と甲子園で名勝負を繰り広げたのは語り草だ。タテ縞のユニホームが似合っていた。走攻守揃った一級品の素材だ。帝京出身のショートはヒチョリ、杉谷と2人続けてコンバートの憂き目に遭い、松本は三度目の正直だった。が、プロ入り後はやっぱり守備で苦労して、外野へコンバートされる。自慢のバッティングも、プロの水準では迫力を欠いた。

 神宮球場では松本剛の後輩らが日大豊山を相手に苦戦していた。2対2で迎えた6回裏、二死満塁から仁田龍也が走者一掃の2塁打を放つ。ショートの頭を越す会心の当たりだ。一拍あって、バットにきれいに乗せる。松本剛の打撃感覚を連想した。あの感覚をいつ会得して磨いたのか。大飛躍だ。故障者続出のタイミングでチャンスをつかんだ。

帝京高を応援する生徒たち ©えのきどいちろう

 帝京は8対3で見事、日大豊山に勝利した。僕も「4番ショート松本剛」を思い出した。ショートはともかく、中心打者に育つかもしれないよ。それは今季、どこまでやり切れるかにかかっている。がんばれ松本剛! 持ち点全部賭けていいシーズンだ。僕は今季、松本剛をひたすら応援する。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/3426でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー