昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/18

「焦らせることはしたくない」

「今年ブルペンで見た中で既にナンバー1ではないですか。自分の想像をはるかに超えていた。自分はダルビッシュとも大谷翔平とも対戦経験があるが、まったく違うタイプだと思う。とにかくスピン量が凄い。スピンが利いていて捕手のミットに突き刺さるような投球をしていた」と唸った。

 佐々木朗希は今後も丁寧に育てていく。当面、一軍遠征に帯同しながら立ちながらのブルペン入りを続ける。念には念を入れ、慎重にタイミングを見計らって捕手を座らせる。その後、打撃投手登板、シート打撃登板、二軍戦登板とステップを踏んでいくつもりだ。そして一軍デビューはもちろんホーム、ZOZOマリンスタジアムと決めている。ただ、その日まで焦らない。急がせない。予定を早めない。周囲がなんと言おうと球界の至宝と信じるだけに、あくまで慎重に丁寧にプロセスを踏ませるつもりだ。

「彼には夢がある。大きな夢だと思う。その目標のために今、急がせても仕方がない。自分も早く投げている姿を見てみたい。でも、焦らせることはしたくない。一つ一つ丁寧にみんなで育てていきたい」と井口監督。

 夢にまで見た若者と縁が繋がり、今を迎えている。見定める目標、理想像は2人の中で共通認識としてある。次はその夢の実現のための道を作り、しっかりと導いてあげることが使命となる。井口監督の暖かい想いに包まれながら、令和の怪物は、ゆっくりと目を覚ます。

梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/34933 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー