昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/07/27

オレたちの希望は、藤井、中澤、近藤、原樹理、星知弥!

長谷川 開幕の段階で、今年のヤクルトをどう見ていましたか?

尾 崎 もちろん、上位に行くと思っていました。だって、「一番・坂口、二番・川端、三番・山田、四番・バレンティン、五番・雄平、六番・畠山、七番・大引、八番・中村、そして九番・ピッチャー」と完璧なオーダーを思い描いていましたから。

長谷川 改めて考えてみると破壊力抜群のいいオーダーだけど、ずっと試合に出ているのは山田だけだもんな。ホントにみんな、どこに行っちゃったんだよ……。

尾 崎 ホントにショックですね。このオーダーだったら、他球団に引けを取らない豪華メンバーですよ。

長谷川 ケガ人の多さは別として、ここまでの「尾崎的誤算」って何ですか?

尾 崎 オーレンドルフの不振と杉浦の謎の離脱(編集部注:杉浦稔大は7月24日、日本ハムへの移籍が発表された)。もちろん、山田哲人の不調も計算外だけど、彼の負担を軽減してくれる畠山、川端、雄平がいない現状だと、山田は責められないですね。

長谷川 僕の場合、「誤算」というか、「期待外れ」というか、「歯がゆい」のは、谷内、荒木、西浦がせっかくのチャンスをまったくモノにできないこと。ケガ人の離脱は確かに痛いけど、その分、控え選手にとっては大チャンスなのに、まったくその穴を埋める選手が出てこない。それがもどかしくて仕方ないです。

尾 崎 谷内も、去年の甲子園の阪神戦でデッドボールをもらうまでは絶好調だったんですけどね。あれ以来、調子が出ないし。でも、藤井は見ていて気持ちいいですね。一生懸命やっているのが伝わるから、めちゃくちゃファンになりました。

長谷川 忍者のようなバント処理とか、ハマスタでネット際までファールフライを追いかける姿とか、必死さがすごく伝わりますよね。藤井以外に明るい収穫はありますか?

尾 崎 中澤、近藤などのリリーフ陣の奮闘と頑張りがすばらしいし、ルーキー星は投げっぷりが気持ちいいですよね。原樹理も頑張っているし。今永との投げ合いに勝てなかったのは残念でしたね(7月17日、DeNA戦)。

長谷川 僕もやっぱり、原樹理の覚醒かな? 則本昂大に投げ勝った6月15日のプロ初完投は忘れられない名試合だったから。あとは、鵜久森、荒木、大松のサヨナラホームランとかあるけど……。藤井、原樹理、星知弥たちはオレたちの希望の星だな。

応援を続けている限り、オレたちはまだ負けていない

尾 崎 でも、今年は本当に辛いんですけど、多くのヤクルトファンと出会い、いろいろと話ができているんです。応援するチームがとてつもなく弱くて、負けまくっているおかげで、1勝の喜びがとても大きくなったし、こうやって、いろいろなヤクルトファンの人と知り合えて、ヤクルトを語れるようになったのは幸せなことだと思っているんです。

長谷川 他球団ファンから見れば「傷のなめ合いだ」とか、「負け犬同士の連帯だ」とか、意地悪な目で見られることもあるかもしれないですけどね。

尾 崎 でも、ここまで負け続けていても、まだそこにしがみついて応援しているということは、ある意味でまだ負けていないと思うんですよ。

長谷川 なるほど。昔の東映映画ではないけど、「堕ちりゃ地獄の底もある」し、坂口安吾の「生きよ堕ちよ」でもあり、堕ちきることのすがすがしさも感じるし、まだ執着している以上、「オレたちはまだ負けていない」って言える気がする。完全な屁理屈だけど(笑)。

尾 崎 今の僕たちに大切なのは「底を確かめる」という作業なのかもしれないです。それが、「オレたちのヤクルト」を応援する者の宿命だし、覚悟だと思いますよ。それをファン同士でわかち合い、確認することの何が悪いんだと思います。「オレたちのロッテ」が元ネタですけど、「オレたちのヤクルト」って、とってもいいフレーズじゃないですか。

長谷川 今年の戦いぶりを記憶していくことは、今後もヤクルトファンとして生きていく限り、ファンとして絶対に忘れてはいけないし、その象徴こそ「7月7日の惨劇」だと思うんです。

尾 崎 7月7日、あの日の夜は「何で、オレは他人の勝敗でこんなに落ち込むんだ」と腹も立ったのに、また翌日の試合開始が近づいてくると、ソワソワする自分がいる。やっぱり小学校2年生のときにファンになって以来、ヤクルトを見捨てることはできないんです。僕にとって、音楽よりもつき合いが長いのがヤクルトだから。僕も7月7日に一度死んだけど、もう一度生き返って、これからもヤクルトの応援を続けたいです。

長谷川 これからも、何度も死ぬかもしれないけど、何度でも生き返ってやる。今度の連敗劇でそんな覚悟を持つことができましたよ。

尾 崎 実際に選手たちが頑張っているのはわかるんです。今日、僕らがこうやって話していることだって、「そんなこと言われなくてもわかってるよ」と選手たちは思っているかもしれない。僕もネットで叩かれることも多いけど、「わかってるんだよ、オレたちだって」と思うこともあるので。だから、選手たちが頑張っている姿を感じられる限り、僕はヤクルトの応援を続けます。

長谷川 今度は、勝利の後の美酒を飲みながら語り合いましょう。次は本物の代打で登場してください!

尾 崎 うまい酒、飲みたいです……。

【追伸】7月26日、ヤクルトは0対10からの大逆転で、11対10の大勝利。その試合後。

長谷川 0対10からの大逆転! 尾崎さん、やりましたよ!

尾 崎 7月7日から、生き返りましたよ!

長谷川 長かった〜。

尾 崎 最高です!

長谷川 さっそく、祝勝会しましょう!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/3513でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー