昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「結婚しても腹はくくれない」“芸能界のカサノヴァ”吉田鋼太郎(61)が口説いた役者志望の20代美女

業界人御用達バーが舞台の「夏の夜の夢」#1

 東京都を中心に、全国で新型コロナウイルスの感染者拡大が連日報じられている。8月3日には小池百合子都知事は飲食店などに対して22時までの営業時間短縮要請を出した。「先の見えぬ不安」や「コロナ疲れ」もあるのだろう、8月8日から始まった3連休も夜の街には人が繰り出していた。しかし例年よりも人影はまばらで、少し寂しい様子だった。

 そんななか、多くの人が集まっていたのが渋谷区の高級住宅街にあるバー「X」だ。「X」は入口が施錠されており、インターホンを押して中に入る“業界人御用達の隠れ家バー”だ。連休の中日である8月9日夜、「X」に入れ替わり立ち替わり吸い込まれていったのは有名芸能人たちばかり。閑散とした都心で、そこだけがまるでドラマのように華やかだった。

バーカウンターで高畑充希似の美女と

 22時頃、バーカウンターで目鼻立ちがはっきりした高畑充希似の美女と飲んでいたのは、白シャツ姿の俳優・吉田鋼太郎(61)だった。

バー「X」の店外に出て来た吉田鋼太郎(中) 撮影/細田忠 ©︎文藝春秋

「吉田さんはバーカウンターの端の方に座っていて、隣に座った白いワンピース姿の女性と楽しげに話していました。話がとても盛り上がっていて、時折、会話が漏れ聞こえてきました。相手の女性は吉田さんが行きつけのレストランで働く20代の役者志望の女性らしく、吉田さんは『A子ちゃん』と親しげに呼んでいました。あからさまなボディタッチなどはありませんでしたが、吉田さんはA子さんにとても優しく話しかけていて、傍からは“口説きモード”にみえました」(居合わせた客) 

 吉田といえば「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で田中圭(36)演じる春田創一役に思いを寄せる会社の上司・黒澤武蔵役をチャーミングに演じたかと思えば、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では荒々しい戦国武将・松永久秀役を怪演。押しも押されもせぬ実力派俳優だ。

吉田鋼太郎 ©︎共同通信

 吉田は上智大学文学部ドイツ文学科在学中に、シェイクスピア研究会が主催した公演「十二夜」で初舞台を踏み、俳優の道へ。劇団「AUN」を立ち上げ、「リア王」や「マクベス」、「夏の夜の夢」などのシェイクスピア劇を中心に公演を行った。

「2000年頃、吉田さんはシェイクスピア全37作を上演する『彩の国シェイクスピア・シリーズ』に参加したことがきっかけで、故・蜷川幸雄さんの舞台の常連役者になっていきました。当初、吉田さんは無名俳優でしたが、彼の演技を見た蜷川さんがその才能に気が付いたんです。

 その後は舞台を中心に活動していましたが、2016年にNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の嘉納伝助役で大ブレイク。当時すでに55歳でしたから“遅れてきたスター俳優”として注目が集まりました。蜷川さんが亡くなってからは、その衣鉢を継いで『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任しました」(演劇雑誌ライター)