昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/15

今回のトレードには、皆前のめりだった

 その後は怪我などもあり、年々、豪快なピッチングは鳴りを潜めていた。

 先発でも中継ぎでも、どこにいっても「お前さんはそんなモンじゃないでしょうよ」と言われつづけた背番号15。かつてルーキーでローテを守り200イニング投げ切り、セーブ王にもなった男は居心地が悪そうで、マウンド上でも不安気な表情を見る事が多くなっていた。

 気合満点でフォアボールなら手に汗握りつつツッコめるが、「らしさ」を失った澤村には、こっちもどうしたモンかなと引き気味だったのもまた事実。

 だからこそ今回のトレードには、皆前のめりだったんだろう。

移籍2度目の登板となった9月11日のオリックス戦でも好投した澤村

 俺らファンだけでなく、スポーツ新聞、選手たちのコメントにも全然悲壮感がなく、スポーツ報知の澤村ちょっとイイ話にもグッときた。

 香月という実力未知数な若手もやってきた。

 この若手が阿部慎之助にシゴかれるのもまた新しいストーリーがあっていい。

「男の人生なんて3日で変わる」

 かつて浪漫派野球文筆家・近藤唯之は「男の人生なんて3日で変わる」との名言を残したが、いや2日ありゃ人生変えてみせます、とばかりに生まれ変わった元・ドラフト1位。前日午後にトレードを告げられ、この日の朝9時によみうりランドで挨拶、昼過ぎに入団会見して、夜にはヒーローインタビュー。

 ついでにSNSではパイの実やコアラのマーチと絡むという、意味はよくわからんが、とにかく凄い離れ業!!

 この先ロッテでどういう起用法になるかはわからないが、この調子で行けば勝ちパターンの中継ぎに食い込みそうだ。

 きっと出るだろう、150km超えの火の出るような高めのボール球が!

 自らランナーを溜めるが、なんだかんだ最終的に吼える姿が!

 そこ含めての「らしさ」全開で、楽しそうに腕を振っている姿こそ、我々巨人ファンが見たかった景色だったのだ。

 ペナント終盤のソフトバンク戦に出てくるパターン、マジで期待してるぞ!!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39913 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー