昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新インスタでフォロワー30万人の木下優樹菜、なぜ? 「それでも支持」フォローした人に心境を聞いた

2020/09/23

 2020年7月6日、芸能界を引退した木下優樹菜ことユッキーナ。昨年のタピオカ騒動を皮切りに、年末にはFUJIWARAの藤本敏史と離婚。過去のインスタグラム投稿の内容から不倫疑惑も囁かれた。活動自粛から活動再開、その5日後に芸能界引退……と、今も話題に事欠かない“一般女性”だ。

芸能界引退を発表した木下 ©時事通信社

 そして、9 月上旬、彼女をめぐるニュースが再びネットを賑わせた。その内容は「木下優樹菜が新たにインスタアカウントを開設していた」というもの。

 9月18日現在、新アカウントのフォロワーは32.9万人を記録している。引退前のフォロワー500万人に比べればかなり減ってはいるが、それでもちょっとした地方都市の人口と同じくらいの人数だ。ただ、ユッキーナにはアンチも少なくなく、新アカウントの投稿にも茶化すようなコメントや批判コメントが散見される。

「もう一般人なんだから、騒ぐ必要はない」と言う人がいる一方で、ニュースで取り上げられるとつい記事を開いてしまう、という人もいるはず。ファンもアンチも虜になる、彼女の魅力に迫った。

近所のおもしろいお姉ちゃんみたい

 吉田実花さん(仮名・25歳)は、前アカウントからユッキーナをフォローしているという。

「私は特別大ファンというわけではないんですけど、インスタ内のごはん投稿を検索しているときに彼女のアカウントに辿りつきました。SNSがない頃は“バラエティでハジケてる人”というイメージだったので、それほど意識はしていなかったんですけど、投稿を見てると子どもと仲良くしてるし、いいお母さんなんだなと思うようになりましたね」

 

 食事や家族関連の投稿を見て「親近感が湧いた」という吉田さん。ちなみに、ユッキーナの料理投稿は「ユキナ飯」と呼ばれ、レシピ本も出版されている。また、投稿文から漂う“ヤンキー感”もやみつきになるとか。

「ほかの芸能人のアカウントって、SNSといえど近寄りがたいですよね。でも、ユッキーナは近所のおもしろいお姉さんのSNSって感じで身近なんです(笑)。前のアカウントでは、料理にケチをつけられたら一般の人でもお構いなく反論してました。

 芸能人がコメントを返すだけでも驚くけど、さらにケンカ腰で対応してたのがすごくおもしろかったです。よく言えば、表裏がないということなのかも」