昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/17

日本の女優では、新垣結衣、石原さとみ、橋本環奈の名前が

「どんなフェイクポルノがあるのか?」そうメッセージを送ると、すぐに先方から、販売しているフェイクポルノのリストが送られてきた。そしてそこには、中国の女性芸能人の名前に混ざり、「新垣結衣」の名前もあったのだ。

「日本の女優では新垣結衣しかないのか?」筆者がこう尋ねるとこの業者は「石原さとみと橋本環奈のものもある」と回答してきた。いずれも中国でも高い人気を誇る女性芸能人である。ちなみに価格はそれぞれ約80円~160円という安さだ。

 
業者とのやりとり。業者が女優の名前を挙げている

 さらに先方は、こうも付け加えた。

「リストになくても、好きな芸能人で作成できる。胴体になるポルノ動画と、芸能人の様々な角度から撮られた顔写真や動画があれば、こちらで合成する」

新型コロナの影響で『フェイクポルノ職人』に

 つまり、フェイクポルノのオーダーメードを請け負うというのだ。驚くべきはその価格。「5分の動画で1600円から3200円」(販売業者)というのだ。ちなみに昨年末に筆者が取材した際には、中国系の業者にオリジナル動画の作成を依頼する際の料金は、1分で3200円前後が相場と言われていたのだ。1年弱の間に実に5分の1の価格まで値崩れを起こしている。ずいぶんと安くなったものである。

 中国在住で、IT事情に詳しい男性は、この低価格化の理由をこう推測する。

「ディープフェイクを作成するソフトは日々進化していて、今では基礎知識がない人でも作業できるソフトが低価格で出回っていることが一因。特に、新型コロナ感染拡大による、数か月にわたる都市封鎖期間には、こうしたソフトを使い、内職として『フェイクポルノ職人』になる人も増えた」

 ともかく、日本国内のフェイクポルノ作成者を検挙したところで、こうした状況の中国から、世界に拡散されているフェイクポルノを放置していては、日本の女性芸能人の被害も食い止めることはできないのである。  

©️iStock.com

 さらに筆者は、前出の販売業者が漏らしたこんな言葉が胸につかえた。

「別に芸能人じゃなくても、恋人や同僚でも誰でも、何枚かの顔写真か動画さえあれば、合成は可能だよ」

 たしかにこれだけ低価格でフェイクポルノの作成が可能なら、ターゲットとなるのは芸能人だけとは限らないだろう。自身や自身の愛する人のフェイクポルノがひそかに作成されているとしたら……。

 考えるだけでおぞましい事態が、現実に起きようとしているのだ。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー