昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“奥手スペシャリスト”岡村が取った大胆行動

 今回、結婚に至った30代の一般女性とも10年前に知り合いながら、2人きりのデートは最近までなかったといい、10月22日深夜のニッポン放送「オールナイトニッポン」では、「旅行に行っても友達だから、別々に部屋を取っていた」と告白した。そして、一夜明けた23日には、関西ローカルのテレビ番組で、2年前のハワイ旅行、スノーボードを目的にした国内旅行もその女性と行っていたことを認めた上で、「全部グループ。2人っきりで行ったこともないです」と話している。

岡村隆史 ©AFLO

 そんな「奥手スペシャリスト」の岡村だが、21歳で苦い経験をする前には、女性に対して大胆な行動をしていた。在阪の岡村を知る人物がこう証言する。

「矢部くんとナイナイを結成して2年目ぐらいでしたが、岡村はタクシー乗り場に並んで、前にいた見ず知らずの女性と一緒に乗り込むんですよ。そして、女性に目的地が同じ方向かどうかを確認したら、『お金、半分払うからこのまま乗せてや』と交渉するんですよ。まあ、お金がない時期だったからなんでしょうけど、少しずつ顔も知られ始めた頃でしたから、今となっては、すごいことしよったな~って感じですよ。まあ、女性の方も驚きつつ、そのまま岡村を乗せたんですけどね」

相方の矢部も祝福 

 当時から長い月日を経て、岡村は何日も一緒にいられる「心地いい女性」と巡り会った。その女性に対しては「押せた。この半年ぐらいで近くなった」。今年4月、岡村は「オールナイトニッポン」で「コロナが明けたら美人さんがお嬢やります」と配慮に欠ける発言をして騒動になったが、「叱られたし、支えてもらった」とも話している。

 29年前に経験したトラウマをようやく乗り越え、女性への「大胆行動」を取り戻した50歳。駐車場でもプロポーズも成功し、仕事も私生活も、新たな岡村が見られるのかもしれない。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー