昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/19

JRと切っても切れない深い関係

 菅の弟秀介は菅と同じように秋田から上京し、1974年に慶大を卒業して社会人になった。破竹の勢いの外車ディーラー企業グループにスカウトされたのは3年前だ。その足跡をたどっていくと、自己破産後、JR東日本の優良子会社に就職し、そこでも重役を務めてきたことが判明した。

©iStock.com

 一方、兄の菅本人もまた、政治家として長年、JRと切っても切れない深い関係を築いてきた。苦労人を自称する首相は「自助、共助、公助」を自らの政治信条に掲げ、既得権益を打破する改革派をアピールする。菅兄弟にもJRの既得権益があった。(敬称略)

◆◆◆

出典:「文藝春秋」12月号

「文藝春秋」12月号及び「文藝春秋digital」に掲載された、「菅首相と慶應卒弟のJR“既得権益”」は、新聞やテレビが無視するなか、ツイッターで大きな話題となっている。森功氏による渾身のレポートをぜひお読みください。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー