昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本番強要や首絞め。罵倒してくる人も…」いま風俗で働く女性が直面している“危険すぎる現実”

2020/11/16

 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けた性風俗産業。春先には営業自粛を余儀なくされる店が続出し、緊急事態宣言解除後も「密」を避けたい男性客が遠のいた。そんな業界に身を置き「死にたい」ほど苦しいという女性たちの声を聞いていくと、「パパ活」と風俗とで相互に女性の流入が活発化しているという話が出てきた。パパ活は女性が食事やデートに付き合う代わりに男性から金銭を受け取るものだが、畑違いの風俗嬢が飛び込むことでトラブルが発生しているという。

「同じお店のお姉さんがコロナで稼げなくなったので、パパ活も始めたんです。でもお客さんを直引き(お店を介さない取引)してパパにしようとしたのがばれて、クビになりました」

©iStock.com

 そう語るのは、埼玉県内のデリバリーヘルス(デリヘル、無店舗型風俗)に勤める育美さん(47)。40~50代を中心とした熟女店に在籍するシングルマザーだ。店の女性たちの間で最近話題になっているのが、50歳前後の「お姉さん」がクビになった顛末だった。

パパ活に活路を求めて仕事も友人も失った

「彼氏のDVがコロナで酷くなったみたいで、お店の友達と一緒にいる時に、彼氏がお姉さんだけでなく友達まで殴ったんです。その友達が怒って店長にパパ活のことをリークしたことでクビになりました。うちは激安店と呼ばれるランクで、コロナ前でも週6日勤務で月30万円行くか行かないかくらい。そのお姉さんも同じような状況で貯金なんてできていなかったと思いますし、コロナになってからはお茶を挽く(客が来ない)日もあったので、減った収入をパパ活で埋めようと焦っていたのかなと思います」

 経済的に困窮し、パパ活に活路を求めたものの、仕事も友人も失った。そんな彼女を育美さんは「孤立していると思う」と心配するものの、今どうしているかはわからないという。

©iStock.com

 パパ活は、女性にとっては風俗と違って身体だけの関係ではないという大義名分が立ち、昼の仕事の補助的な収入を得られることから、この数年で一気に裾野が広がった。業界大手の交際クラブによると、コロナ以前の女性の業種で目立っていたのは美容、飲食、アパレルで、学生も多かった。水商売や風俗とは違った素人の女性と疑似恋愛するような感覚が、男性に受けていたという。つまり男女双方にとって、風俗とは似て非なるものだったのだ。