文春オンライン

親友を裏切り、次々と体の関係を…“ジャニーズ俳優の王道”関ジャニ・大倉の「変貌ぶり」がスゴい

2021/02/04

親友を裏切り、すべてを失う…大倉の転機となった役

 ドラマ好きの筆者から見ると、フジテレビの同枠で放送された2018年のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』に、大倉の転機はあった。演じた南条幸男は、華麗に復讐する側……ではない。親友だった主人公(ディーン・フジオカ)への裏切りが発覚し、人気俳優としての地位も名誉も幸せな家庭も手放すことになってしまう哀れな男だった。

 ひたすら没落への道を辿る俳優の役をジャニーズが演じるのにも驚くが、さらに印象的だったのは第7話の予告。全てを失い、ただただ呆然と後悔の涙を流す幸男の映像だけが流れた。後にも先にも俳優の泣き顔アップだけが映る予告映像なんて見たことないが、大倉の演技に委ねられたあの15秒間は、今も鮮明に覚えている。

ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』公式HPより

言い寄られたら断れず、次々と関係を持ってしまうダメ男も

 2020年の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で演じた大伴恭一も、どうしようもない役だった。言い寄られたら断れない性格の恭一は不倫をしているが、このことを黙っていることを条件に迫ってきた後輩の今ヶ瀬(成田凌)をも受け入れてしまう。

ADVERTISEMENT

 脚本担当の堀泉杏は、オファー前から恭一役に大倉を重ねていたそう。のらりくらりと漂う恭一にはモヤモヤする一方で、そこはかとない色気のようなものを感じ、終始目が離せない存在だった。恭一もまた“アイドル”とは結び付かない役どころなのだが、大倉の“アイドル”という輝かしいベースがあるからこそ、恭一が持つ陰影がより強く感じられたのかもしれない。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』公式HPより

『窮鼠はチーズの夢を見る』で役者として更に躍進を遂げた大倉が、満を持して挑む“新たなダメ男”が『知ってるワイフ』の元春だ。アイドルのオーラを脱いだ代わりに生活感を身に纏った姿からは、知り合いの知り合いぐらいにいそうな既視感がある。パリッと爽やかにスーツを着こなす同僚役の松下洸平とも対照的で、どこか物憂げな雰囲気を感じる主人公だ。