昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大野雄大ドリンク、京田丼、根尾弁当…1位は? 中日ドラゴンズ選手プロデュースメニュー2020〈勝手にベスト5〉

文春野球コラム オープン戦2021

2021/03/12

 完全無観客で終わった2月のキャンプシーズンを終え、有観客で始まったオープン戦。首都圏を中心に緊急事態宣言が出され、一時期は「今年も開幕延期か?」と不穏な空気も流れましたが、今シーズンは無事ペナントレース開幕できそうですね。

 というわけで、開幕を目前に控えた今、敢えて年を跨ぎ熟成させた企画を蔵出しいたします。題して、「中日ドラゴンズ選手プロデュースメニュー2020 勝手にベスト5」!!

 筆者カルロス矢吹は、昨年中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドーム(今季からはバンテリンドームナゴヤ)で発売された選手プロデュースグルメを「全メニュー」食べ尽くしました。だからこそ見えた、今季の中日ドラゴンズ選手プロデュースメニューの展望、そして課題を、ランク付けすることによって浮かび上がらせようという野心的一大プロジェクトです。(なお、あくまで2020年新発売のメニューのみを対象とするため「マスター阿部の厳選イモ焼酎」は選外とさせていただきます)

 順位の基準は至極明快。「そのスタジアムグルメで、テンションが上がったか?」この一点です。味やコスパなど、一応考慮はしますが、この基準は一切ブレません。なぜその採点基準か? 例えば、野球ファンなら応援しているチームのユニフォームをそう安くないお金を出して買いますよね。だけどそれを街で着るか?といえばそうでない人の方が多いでしょう。ユニフォームも服であることには間違いありませんが、やはり普段着としてではなく、スタジアムでの観戦テンションを上げるために購入しているはずです。もちろん、このベスト5は完全なる私見に拠っており、異論反論は甘んじて受け入れますが、それは筆者と同じく「全メニューを食べ尽くした上で」お願いいたします!!

 ちなみに審査基準の参考までに、過去、私が最もテンションが上がった他球団のプロデュースメニューはこちら。

©カルロス矢吹

「原監督のヘルシー和懐石重」です。仕切りを見て下さい、「勝利のV」になっています。流石巨人史上最多勝監督。この勝利への執念、弁当でも勝たなきゃ気が済まないのでしょうか。きっとゴルフも強いんだろうなあ。

 前置きが長くなってしまいましたが、それでは始めていきましょう、中日ドラゴンズ選手プロデュースメニュー2020勝手にベスト5発表です!!

「好きなもの」から「出身地に基づくグルメ」まで

【第5位 岡田ヘルメット“ロールケーキ&アイス”】

©カルロス矢吹

 選手プロデュースメニューとしては実は一番多い、シンプルに「自分が好きなもの」をメニューにしたパターンのスイーツです。昨年売り上げナンバー1の「周平丼」もそのパターンでしたが、これらの欠点は“好き”なだけで、選手のプロフィール上の特徴を盛り込めない点。そこで、容器やスプーンなどに一工夫する必要が出てくるのですが、左打ち用ヘルメット型の容器はその努力の表れと言えます。しかし、何故キャリアの大半をリリーフとして過ごしている岡田俊哉の容器が“ヘルメット”なのでしょうか? ボール型やサウスポー用グラブ型でも良かったはず。味はバッチリ美味しいのですが、こういう「小さなモヤモヤ」が色々残るのが、ドラゴンズグルメの全体的な特徴です。

【第4位 大野雄大ドリンク“抹茶ラテ”】

©カルロス矢吹

 これも選手プロデュースメニューの鉄板の一つ、選手の出身地に基づくグルメ。京都出身のエース大野雄大の抹茶愛=地元愛が、スーベニアカップに入った抹茶ラテとして表現されています。これも大変美味しかったですし、やはり出身地いじりはアイデンティティですから説得力が違います。が、売り場には一言も「京都出身」の文言が無かったんです。これは大きな減点対象でした。ドラファンにとって「大野雄大は京都出身」が常識でも、他球団のファンにとってはどうでしょうか? 友人に誘われてその日初めて野球を見に来た人だっていたはずです。グルメをキッカケに選手やチームを知ってもらおう、という気概を、ドラゴンズにはもっと持って欲しいなあと思います。