昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「留置場の中で絶望を感じていた」

「留置場の中で絶望を感じ、何をすればよいのか何も分からなくなっていた自分にとり、吉永さんの言葉は希望になりました。本当に、深い感謝のあまり言葉も出ません」

 そして、今後の芸能活動については、言葉を絞り出すようにこう語った。

 

「もちろん、俳優は声をかけていただかない限りはできないものですから、実際にまた演じることができるかは分かりません。今の私は社会に何かを発信してよい立場にはないと思っています。ただ……、ご迷惑をお掛けした方への償いができたことが大前提ではありますが、もし許されるなら、俳優として活動したいという思いはあります」

 昨年12月、伊勢谷には懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡されている。

 4月26日発売の「週刊文春CINEMA!」では、留置場で知った「竹内結子さん自殺」の一報、逮捕直前に亡くなっていた異母兄・山本寛斎への“率直な思い”、さらに芸能界の薬物不祥事が続く中で、それでも大麻をやめられなかった理由など、伊勢谷友介が2時間に及ぶロングインタビューで胸の内を明かしている。

撮影=杉山拓也/文藝春秋

週刊文春CINEMA!

 

文藝春秋

2021年4月26日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春出版部をフォロー