昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「小園海斗選手のアイブラックの形と打率の関係」…11歳の娘が“自由研究”で導き出した納得の結論

文春野球コラム ペナントレース2021

 現在セ・リーグ5位と、今年はなかなかに苦しい戦いが続く広島カープ。しかしそんな中でも栗林選手の活躍、ニューキャラクター「ムッシャー」の登場、急なキャンセルで余ってしまった個人店のお弁当をカープの選手が皆で買い取る事件など、様々な形でカープは野球界を盛り上げている。

 中でも「今年の小園選手のアイブラックが信じられないほどいろんな形に進化している」という話題は記憶に新しいのではないだろうか。通常の楕円形の枠を超え、十字模様、ハート模様、目の下から頬まで垂れ下がるデスメタル感あふれるものまで10種類以上のアイブラックが確認されている。

様々な形のアイブラックを見せる小園海斗

小園選手のアイブラックの形と打率の関係

 今年覚醒ともいうべき大活躍をしている小園海斗選手。これまで積み重ねてきたものが開花した、守るべきものができたなどの様々な理由はあるだろうが、このアイブラックをカスタマイズしていることも好調の要因かもしれない。アイブラックが話題になった7月は3割4分もの打率を残しているのだ。もしかするとアイブラックの形で好不調が出ている可能性もあり、そこを第三者の目で分析することは非常に重要であるように思われる。

 カープのデータ分析班も他の分析が忙しく、そこまで手が回っていないに違いない。そこで今年の夏も自分の11歳になる娘に「小園選手のアイブラックの形と打率の関係」というテーマで自由研究をしてもらった。断っておくが、娘は小園選手のことをよく知らない。父親が好きなカープの選手であることがうっすらわかるくらいだ。そんな小園選手を客観的に見れる彼女ならば、しっかりとデータを分析して見えてくるものがあるかも知れない。彼女なりに調べ完成した自由研究がこちらである。

小園選手のアイブラックの形と打率の関係 ©ザ・ギース尾関高文

 なかなか可愛い小園選手である。自分的に娘のイラストの成長ばかりが目についてしまったが、小園選手の凛々しさを感じる表紙である。

©ザ・ギース尾関高文

〈きっかけ

 わたしは小園選手のことを
 よく知りません。
 お父さんが、カープ好きで
 ぜひ調べてほしいということで、
 テーマにしました。

 まずは、アイブラックの形と
 打率をまとめました。〉

 正直な自由研究の取り組み理由。そしてカープのニューキャラクター、なんでも飲み込んでしまう「ムッシャー」がいい味を出している。ここからはいよいよ小園選手のアイブラックの形と成績である。

©ザ・ギース尾関高文

 こう見ると小園選手は本当に色々な形のアイブラックをしていることがわかる。

 そして今年の成績の通り、どの形のアイブラックの時もなかなかよく打っている。