昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「子どもに近づくな」 熊田曜子が夫に仕掛けた“法廷バトル”の裏側

「紺地に花柄のワンピースで派手な印象でした。一番前の席で、先生の話をニコニコ頷きながら聞いていましたね」(同席した父兄)

 7月初旬、小3の長女の保護者会に出席していた熊田曜子(39)。その笑顔とは裏腹に、夫との戦いのゴングを自ら鳴らしていた。

◆ ◆ ◆

事件後に3人の娘を連れて引っ越し

頻繁に更新していたSNSも一時休止中

 5月18日、熊田は夫のA氏に顔を殴られ、身体を蹴られたとして警察に通報、A氏は逮捕された。その後、熊田は以前から夫にDVを受けていたと主張し、離婚の手続きに入ると発表。

「事件後、夫と暮らしていた港区の自宅からほど近いマンションに3人の娘を連れて引っ越しました。子供に会いたいという夫の求めには応じず、母親を呼び寄せ、子育てを手伝ってもらっています」(芸能関係者)

 一方、“DV夫”の烙印を押されたA氏は、週刊文春6月17日号の取材に応じ、「彼女の掛布団を引きはがしたときに手が顔に当たった」と暴行を否定。熊田と友人との電話の中で、「プロ」と呼ばれる男性の存在があること、熊田のバッグの中に「ウーマナイザー」という大人のおもちゃがあったことで不貞を確信。事件はその話し合いの中でのトラブルだったと説明した。

「夫の反撃で、熊田の当初の被害者イメージが変わってしまい、今はほぼ仕事がない状況です」(芸能記者)

 そんな中、熊田は早くも夫に“法廷バトル”を仕掛けていた。6月24日、東京地裁に「配偶者暴力等に関する保護命令」の申立てを行い、熊田はおろか、「子供にも近づくな」と接近禁止を求めたのだ。