昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

空手「形」清水選手のアイメイク、深い意味が…忘れられない五輪ファッションBEST10《写真多数》――東京五輪の光と影

2021/08/17

 開会式直前の関係者“辞任ドミノ”に始まり、メダル候補のまさかの敗戦やダークホースによる下馬評を覆しての戴冠劇、コロナ禍で開催され、明暗含めて多くの話題を呼んだ東京オリンピック。ついにその長い戦いも閉幕しました。そこで、オリンピック期間中(7月23日~8月8日)の掲載記事の中から、文春オンラインで反響の大きかった記事を再公開します。(初公開日 2021年8月7日)。

*  *  * 

 東京五輪で注目を集める「アスリートのメイクやファッション」。元バドミントン選手で、現在はアスリートビューティーアドバイザーとして選手たちにアドバイスする花田真寿美さんが、個性が光ったアスリートのおしゃれをランキング形式で紹介します。   

 ◆ ◆ ◆ 

10位 清水希容選手(空手・女子形 銀メダル) 

清水希容選手 ©aflo

 しっかりとしたアイメイクをして、目力を強調しています。目力を強調することで、表現がシャープに見える、力強く見えるという利点があります。 

 今回の五輪で初めて採用された競技である空手の「形」では、技の正確さやスピードのほか、「流れるような動き」「バランス」「力強さ」などが評価されるそう。

10位:清水希容選手のアイメイク ©aflo

 こうしたことから、表現にインパクトを生むためにメイクを取り入れる「形」の選手は、国内・国外問わず多いのです。