昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 星野の交際相手であるAがフルーツ通販会社の御曹司であるのは既報の通りだが、実は大手ビール会社のウェブCMやWOWOWドラマなどに出演する俳優でもある。

 Aを知る人物が口を開く。

「Aは俳優としてドラマやCMの仕事もしていますが、メインはお父さんが経営するフルーツ通販会社の仕事です。最近はリモート業務が多いそうですが、九州などに出張をすることも。社長の息子なので、次期社長候補と見られています。芸能界での顔も広く、星野さんと交際する前は芸能人が集まる飲み会にもよく顔を出していました。コミュニケーション能力が高く、冗談を交えて楽しくお酒を飲むタイプでかなりモテます。別の女性アイドルと交際していたこともあると聞いています」

阿佐ヶ谷の有名なジェラート屋で顔を近づけ楽しそうに話す星野とA ©文藝春秋 撮影・宮崎慎之輔

Aは高級キャバクラから星野の家へ直行

「文春オンライン」が報じた星野とAの熱愛について、ファンの非難が強かったのは「星野が仕事を休んだ日の夜にAを家に迎え入れていた」という事実だった。その件について、星野はこう釈明している。

《お仕事をお休みした9月18日と19日は本当に体調が悪く、前日17日に発熱して、事務所の方にお願いして翌日PCR検査を受けさせていただきました。PCR検査の結果は陰性でしたが、体調が万全ではないということで、お仕事をお休みさせていただきました。その後、自分で動くのも大変だったので、記事にあった方に来ていただきましたが、ズル休みのように見えてしまい、結果としてプロとしての自覚が足りませんでした。》

 しかし、18日の夜に星野の家を訪れる数時間前の20時半頃、Aがいたのは六本木の高級キャバクラだった。

直撃取材を受けても腕を離すことはなかった ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

「男性3人で来店されていて、決して派手な飲み方というわけではありませんでしたが、キャストも交えて皆さまで楽しそうにお酒を飲まれていました。高級店ということもあって美女揃いですが、誰かを指名することはなく色んなキャストとお話されていましたね。2時間以上滞在していたので、少なくとも20万円以上になっていると思います」(店舗関係者)

 その後、Aは3人で四谷のカラオケバーに移動して1時間ほど滞在し、電車で体調不良の星野のもとを訪れている。

 Aの所属事務所に星野との交際などについて事実確認を求めると「プライベートは本人に任せています」という回答だった。

 星野は乃木坂卒業後について「芸能界から離れて一般人に戻りたい」(前出・乃木坂関係者)と話しているという。そして、世代交代を急ぐ乃木坂の中でモチベーションの維持に苦しんでいるのは星野だけではない。星野の熱愛は、氷山の一角に過ぎないかもしれない。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(61枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z