昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宣言下の不倫で小川アナと離婚 豊田剛一郎メドレー取締役が“白ビキニグラドル”と「まん防破り」

 オンライン診療などを手がける医療系ベンチャーの上場企業「メドレー」の取締役・豊田剛一郎氏(37)が、まん延防止等重点措置下の東京で、夜11時過ぎまで女性グラビアタレントらと酒席をともにしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。豊田氏は、現在「news23」(TBS)でメインキャスターを務める小川彩佳アナと結婚していたが、昨年、緊急事態宣言下の不倫が発覚し、離婚している。

A子さんとの不倫を認め、メドレーの代表取締役を辞任

 東大医学部を卒業した豊田氏は、外科医として勤務などしたのち、2015年、メドレーの共同代表に就任。昨年12月時点で同社株式の10.73%にあたる約340万株を保有しており、その総額は約67億円相当(2月21日の終値1963円換算)。メドレーの業績は好調で、「コロナ禍が追い風となり、オンライン診療事業が注目された。21年12月期の連結業績予測では創業以来初の売上高100億円を突破する見込み」(経済部記者)。

豊田剛一郎氏

 豊田氏は19年に小川アナと結婚。20年7月には第一子が誕生したが、21年2月、「週刊文春」の報道で別の女性A子さんとの不倫が発覚。白ビキニを身にまとったA子さんと逗子でクルージングを楽しんだり、また緊急事態宣言下でもA子さん宅に通っていた。豊田氏は不倫を認め、メドレーの代表取締役を辞任した。当時、「週刊文春」の取材に対し「もともと医療現場で働いていた人間としても、医療分野で事業を行う企業の代表としても、今回の行為は許されるものではありません」とコメントしている。

元レースクイーンのグラドルとまん防破り

 あれから1年。2月16日の午後8時30分頃。豊田氏は知人男性、女性の3人で恵比寿のイタリア料理店で食事を楽しんでいた。そこに合流したのが、緑のコートを纏ったスレンダーな女性だ。

豊田氏と合流するグラビアアイドル

「グラビアアイドルの遠野千夏さんです」(遠野の知人)

 北海道出身の遠野は33歳の元レースクイーン。「ミスFLASH2012」のグランプリに輝いたこともある。「遠野が写真集などで披露する機会が多いのが、白ビキニ姿です。昨年7月のイベントでは東京五輪開会式にちなみ、胸に日本の国旗をあしらった白ビキニ姿で沸かせた」(芸能記者)