昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/27

source : ライフスタイル出版

genre : エンタメ, 読書, ライフスタイル

 あと、これは「出し抜かれる」とは少し違いますが、私は相手の好みにすべてを合わせすぎて迷走したこともあったので、あやとはそういう女性は選ばないかもしれません。自分自身のそういう弱さも、恋愛自由競争に勝てない敗因だったなと今にして思います。

『恋マト』は「恋愛マンガ」というより「ヒューマンドラマ」

――では『恋マト』には、山本さんの恋愛談が教訓として入っているのでしょうか。

山本 私が実際にしてきた数々の痛い体験談は、決して「恋愛談」とは呼べない気がするんですよね。あえていうなら、「ヒューマンドラマ」かと。「ヒューマンドラマ」などと自分で言ってしまうのは、おこがましい気がしますが……。

――確かに、『恋マト』を表現するには、「恋愛マンガ」よりも「ヒューマンドラマ」のほうがしっくりきます。うまくいくと思っていたカップルがうまくいかなかったり、嫌な人だと思っていたら実はそれほど嫌な人ではなかったりという話も、現実によくありそうなエピソードです。

「同棲終了女 春奈編」

山本 「嫌な人だと思っていたら実はいい人だった」というのは、私が社会人になってからそういう人にたくさん出会ったからです。

 たとえば仕事でイライラしている時とか、大きなミスをして1ミリも余裕がない時に、普段すごい嫌だと思っていた人がフォローしてくれて、実はいい人だということがわかったとか。

 友達とか恋人って、基本的に休みで機嫌のいい日にしか会わないから、いいところだけ見ることができると思うんですけど、仕事となると、そうはいかないので、そういう局面で人間の意外な一面を知ることができた経験は、いまマンガを描くのにすごく役立っていると思います。

 人間は相手によっても立場によってもいろいろな面を持っていると思うので、開けても開けても少しずつ違う自分がいるマトリョーシカみたいに、これからもいろいろな恋愛の形を描いていけたらいいなと思っています。

――単行本には、WEB連載のその後を描いた続編も「番外編」として収録されていて、これもまた「ヒューマンドラマ」を盛り上げています。

山本 そう言っていただけるとうれしいです。

 WEB連載ではついつい破滅エンドになったり、不穏な空気を前面に出してしまいそうになるんですけど、単行本で少し手を加えたり、本編では描ききれなかった別側面を描き加えたりすることで、破滅だと思っていたエンドが実はそうではなかった、というサイドストーリーになっています。WEBで連載を読んでくださった方にも新たな発見となり、楽しんでいただけるのではないかと思いますし、単行本では、ストーリーの合間にちょっとした雑談的なコメントも入れていますので、それも楽しみに見ていただけたらありがたいです。(#2に続く)

 

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

ライフスタイル出版をフォロー
z