昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

xx年後、スマートスピーカーはここまでできるようになる!

評価は真っ二つ! 米国ではもうこれナシでは生きていけない人も

2017/12/15

(3)「画面つきスマートスピーカー」ならカメラなどの映像表示も可能に

 いま海外で人気が高まりつつあるのが、小型タブレットほどの液晶画面を備えた、画面付きのスマートスピーカーです。検索結果の表示のほか、再生中の音楽の歌詞を表示するなど、音声では伝わりきらない情報を補完できるうえ、写真や動画を鑑賞するプレーヤーとして利用可能、さらにネットワークカメラと組み合わせて別室の様子を見たり、テレビドアホンとして来客の姿を確認するなど、カメラのモニターとしての役割も担いつつあります。日本で一気にブレイクするとしたら、この画面つきモデルがきっかけになるかも?

(4)車に積めばハンドルを握ったまま音声での曲スキップも安全確実

 こちらも海外では対応が進みつつあるのが、車の中での利用です。最近では、音声アシスタントの機能をあらかじめ搭載した車も増えつつあり、音声コマンドでエンジンを始動したり、ハンドルを握ったまま曲の検索やスキップ、音量調整が可能になりつつあります。ハンドルを握っている間は機器の操作が行えないため、音声コマンドでコントロールする解決方法は実にスマート。目的地までの自動運転はまだまだ先でも、こちらであれば高級車を中心に、意外と早く普及する可能性はあります。

(5)音声コマンド一つで好物が自宅まで届く? 「宅配デリバリー機能」

 スマートスピーカーはさまざまな外部サービスと連携できることも売りの一つですが、今のところ国内製品がまだ対応できていないのが、フードの宅配デリバリー、つまり出前です。海外ではドミノ・ピザが音声でのワンストップ注文に対応していますが、日本ではまだ、「すき家」が店頭受け取りの予約に対応している程度。宅配デリバリーに今後対応すれば、同じメニューを繰り返し注文する用途では、重宝すること間違いなしでしょう。スマートスピーカーが普及すれば「電話注文」はなくなるかも?

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー