昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

――気にはしているけれど、芸人の性分が出てしまうことがあるのですね。

上島 「お笑いウルトラクイズ」をやってた頃も、「SM水車拷問クイズ」(水車に括り付けられて、質問に答えないと一回転して水面に付けられる)で、「群馬に営業に行った時に受付のお姉ちゃんと……」なんて口走ったり。それで殿(ビートたけし)も「バカ野郎!」って笑ってくれて。

――広川さんはどんな反応をするんですか?

上島 「なんでそんな話しちゃったの?」って聞かれます。それで、僕が「こういう仕事だから……」って言い訳する。でも「嘘はついちゃだめでしょ」って言われてね。ぐうの音も出ません。

「寺門ジモンのウザちゃんねる」登録者数10万人突破記念に集合したダチョウ倶楽部 事務所提供

――笑いを取ることを期待される芸人と、家庭の間で板挟みにもなりそうです。

上島 家族の振りが来ても何も言わないで黙ってればいいんだけど、やっぱりウケたいんですよね。悩みの話になってリーダーやジモンの後に自分の番が来たら、それはオチっていうことじゃないですか。それで「どうやらうちのかみさんが浮気してるみたいなんですよ」とか言ってしまう。

――広川さんも我慢強いです。

上島 僕はかみさんのこと好きだし、実は結構仲はいいんですよ。最近は自粛生活で家で一緒にいる時間も増えて、年を取って寝起きも早くなったから2人で一緒に朝からテレビを眺めて過ごしてますし。これまでは飲み歩くことも多かったから、ずっと家にいるのは新鮮です。でもベタベタしすぎるのも良くない気がするし、悩みは尽きないです。

 

――上島さんにとって広川さんはどんな存在なんでしょう。

上島 そうですね、感謝してます。本当に。でもなんていうか……だからこういうタイミングで芸人の悪い癖が出てくるの。何かおもしろいことを言いたくなっちゃう(笑)。ありがとうで終わらせるのが苦手なんですよね。でも今日はさすがにやめときます。かみさんには本当に感謝してるんで。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(36枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー