昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「絢子の死が無駄にならないよう」両親語る“再発防止”への思い ホテルプール溺死

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

「まだまだやっぱり信じられない気持ちと、ただ、どこかではこれが現実なんだという、複雑な気持ちが交錯しているような状態ですね」

そう語るのは、7月24日、ホテルのプールで溺れて亡くなった、福岡県の女子大学生・山田絢子さんの両親です。

事故が起きたのは、鹿児島県指宿市にある老舗のホテル。

 

絢子さんは、このホテル内のプールで、溺れかけた中学生の妹を助けようとして、亡くなりました。

 

絢子さんの父親:
今、夏の季節でお子さんもプールに行かれることが多いと思うのですけれども、二度とこういったことが起こらないように

娘を失った悲しみの中、自分たちと同じ思いをする家族が増えないようにと、私たちの取材に答えてくれました。

一瞬の出来事…楽しいはずの温泉旅行が一変

絢子さんと妹、母親の3人は、仕事があった父を福岡に残し、福岡県にある自宅から鹿児島県へ帰省していました。

絢子さんの母親:
当初は別の地域を考えていたのですけれども、絢子本人が砂蒸し(温泉)に入りたいって言ったので、予定を変えて指宿の方に。絢子は砂蒸し(温泉)が(午後)4時からだから、その前に妹とプールに行くって言って別れたのが最後です

チェックインの直後、絢子さんは妹と2人でプールへ。

しかし、そのわずか20分後…

絢子さんの母親:
ホテルの方が呼びに来られて、お連れ様が溺れています。救急車を呼んでありますって…

妹が溺れかけたため、助けに向かった絢子さん。妹は何とか自力でプールサイドに上がったものの、絢子さんは溺れてしまいました。

両親は、絢子さんが最後に身につけていた水着を見せてくれました。救助の際の処置により切られています。

 

絢子さんの母親:
(プールに着いた時には)絢子はもう意識なく、処置をされているところでした。救急隊員の方が囲まれてですね

絢子さんは病院に運ばれましたが、約2時間後に、死亡が確認されました。

絢子さんの父親:
なんとか回復して欲しいという気持ちと、その期待をもっておりましたね。ただ(福岡の)家を出て20分後くらいにはダメだったという話が…

z