昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“佐久長聖が死ぬほど好き”なポールさんの注目は?

ポール 僕の注目は東海大学の4年生、春日千速。僕は長野出身なので、陸上の名門・佐久長聖高校が死ぬほど好きなんですけど、彼はそこの出身です。1年生で8区、2年生で2区を走って、3年でも8区を走って。昨年東海は、往路の選手たちが遅れをとったのを、復路で上級生たちが頑張って巻き返した。この3年間ずっと頑張ってきた選手なんです。

マニア 一部では5区を走るという噂もありますね。

ポール そうなんです。5区を走る選手って、通常この時期は山対策の練習をしているんです。だから記録会なども出ないことが多いんですが、なぜか最近、記録会やハーフマラソンにも出ていて。もしかしたら5区じゃないのかなとか……。ただ、とにかく最終学年なので頑張ってくれという……。もう、春日がしっかり走ってくれるだけで、もう十分すぎるくらいなんです。すみません、個人的な思いです(笑)。

「シルクレイのソール、あと何足ある?」

西本 あと……拓殖のワークナー・デレセ・タソ選手にも注目です。原稿でも「タソ」までしっかりいれておいてください。

ポール タソ(笑)。3年生です。

拓殖のワーク・デレセ・タソ選手 ©文藝春秋

西本 多分、2区を走ると思うんですが、注目すべきは彼が履くシューズ。ニューバランスのRC1300なんですが、彼が履いているのは2014年の旧モデル。これ廃盤なんです。

ポール ああ、あのブルーに黄色のラインの! 

あのブルーに黄色のラインの! ©文藝春秋

西本 最初はワークナー・デレセ・タソ選手はシューズを大事にしてるんだな、と思っていたんですが、さすがに3年も同じシューズを履き続けるわけではないなと。彼は廃盤の靴をどうやって確保してるんだろうと気になって何気なくツイートしたら、メーカーの方からメッセージをいただきまして。「デレセ選手のために在庫を探してきてます」と。とはいえ、3年前のシューズですから、そろそろ加水分解がはじまるころ。いつまでその在庫が持つのか気になっています。

ポール 「陸王」みたいな話ですね。「シルクレイのソール、あと何足ある?」みたいな。

西本 予選会でも履いてましたからね。今回の箱根でもあれを履いているかどうか。もし履いていたら「デレセ、ブルー、キタ!」ってツイートしますね。

記録だけのツイートに込めたメッセージ

マニア チームでしたら僕の注目は日体大です。日体大は秋に不祥事がありまして、試合にも出られず、部としての練習も行わず、選手は各自でトレーニングしてたみたいなんですよ。そんななかで先日、1万mの日体大記録会では全員が29分台前半のほぼ同タイムで揃えてきた。つまり、部員それぞれが箱根を見据えたトレーニングを続けてきていたことが読み取れるんです。

西本 それを見たマニアさんは29:05、29:05……みたいに記録だけのツイートをあげて。それを見た駅伝好きが、その数字に込められたメッセージを汲み取ったんです。

マニア 「日体大復活!」みたいに書いて騒ぐのではなく、記録だけをツイートすることで、「日体大、キッチリやってるぜ!」というメッセージを伝えたかった。

西本 このようにマニアさんは選手思いなんです。