昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人気のバロメーターはタオルマフラーの売れ行き

西本 今年はタオルマフラーも全部売り切れるんじゃない? 全部の学校に魅力があるもんね。

ポール 前回は母校の国士舘が売れ残ってました……。

西本 やっぱり活躍するとタオルマフラーも売れるんだろうね。

ポール 東海、青学あたりは黙ってても売れるでしょうね。東洋といえば、僕は個人的に相沢晃くんがかっこいいと思ってます。

西本 黒髪のしゅっとしたかっこよさが東洋にはありますね。

マニア 東洋は品格のあるスタイルを確立していますよね。それはことあるごとに「東洋大学として恥ずかしくないような行動を」と口にしている酒井俊幸監督の教えがあってこそでしょうね。「東洋大学として」ってよく言ってますからね。

西本 服装も一番ぴしっとしているよね。野球で言う明徳義塾とか日大三高みたいなユニフォームの着方をしてる。

2017年総合2位、東洋大の服部勇馬選手 ©文藝春秋 

ポール どこの大学とは言えないですけど、最近箱根に出なくなったチームを街中で見ると、ジャージ姿からしてだらしないんですよ。閉会式とかでもスマホをいじっていたり。服装も態度もバラバラで、「これは上昇してくるまで時間がかかりそうだな」って感じです。

西本 服装や生活態度がちゃんとしてるかは、本当に結果に結びつく。今回の本でも、主務やマネージャーに役立ててほしいと思って、関係者の方は差し上げますので連絡くださいってツイートしたら、やっぱり強豪校からはパパッと連絡が来るんですよ。

ポール つねに情報収集のアンテナを張ってるんでしょうね。

西本 そういうところにも注目していくと、箱根はどんどん面白くなります。

ポール 選手の走りはもちろん、走ってないときの姿から沿道の応援まで、色々なところに注目して見てほしいですね。

西本 最後にもう一度言いますが、オレも箱根本の精度を上げたい、地図作りに協力したいという箱根の猛者たちは、ぜひご連絡をください!

構成/モオ 撮影/榎本麻美