文春オンライン

【マンガ】「気がつけば独身のまま30年が経っていた」地道に誠実に周りのフォローを続けてきた50代女性が親戚から送りつけられた壺の中身

『どうぞごじゆうに~クミコの発酵暮らし~』より #1

 
 

 新卒から、中小菓子メーカーの総務畑で働き続けて20数年。職場ではジェネレーションギャップに翻弄され、更年期障害による不調にも苛まれる50代の独身女性が、ひょんなことからぬか漬けを始め、少しずつ生活が好転していく物語『どうぞごじゆうに~クミコの発酵暮らし~』(いのうえさきこ)。職場でのジェネレーションギャップや、忍び寄る更年期障害など、数々の悩みを“ぬか漬けライフ”とともに描く同作より、第1話を紹介します。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー