文春オンライン

「ゆうちゃん、もう覚醒剤やってないの?」三田佳子さん次男が語った“悪魔のささやき” 結局、我を忘れて・・・薬物裁判傍聴記

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

法廷で見せた”挙動不審”

「やめたいとは常に思っています。」うつろな表情でそう答えたのは、覚せい剤の使用の罪などに問われている、女優・三田佳子さんの次男・高橋祐也被告(43)。

送検される高橋祐也被告(43)(去年10月28日 野方署)

初公判では、高橋被告は起訴内容を認めた一方、弁護人は責任能力を争う姿勢を示した。高橋被告は、2018年にも覚せい剤を使用した罪で執行猶予付きの有罪判決を受けている。

先月21日10時から東京地裁で行われた被告人質問。開廷前の高橋被告はどこか落ち着かない様子で、首を左右に動かし、始まる直前には下を向いて、両手を合わせながら、何か祈るようなしぐさを見せていた。

「私が質問を話し終えるまで、答えるのを待って」「もっとゆっくり聞こえるように」と弁護人から注意されながら、質疑応答が始まった。覚せい剤を入手するまでの経緯についての質問が中心に行われた。

知人からの”金の無心”

高橋被告は2021年の秋頃、知人から “バーの経営”について教えてあげて欲しいとAという人物を紹介されたという。その後、Aとは、月に1回の頻度で、居酒屋などで話す程度の付き合いだったというが、二人の仲は奇妙な関係に進展していく。以下がやりとりだ。

先月21日に行われた被告人質問で、高橋被告は、再び、覚醒剤に手を染めた経緯を語った。

高橋被告:お金を貸してくれと
弁護人:いつから?
高橋被告:初めて会った翌日から
弁護人:何回くらい?
高橋被告:10~15回くらい
弁護人:いくら?
高橋被告:5万、10万の時も

このAという人物は、執拗に、高橋被告に金を無心するようになったとのこと。高橋被告は、一度も返金されたことはないにもかかわらず、エスカレートする要求に応えるよう、Aに金を貸し続けていたという。時には、実家の両親からAに貸す金をもらうこともあったそうだ。

「ゆうちゃん、もう覚醒剤やってないの?」

ある日、居酒屋で、Aから「ゆうちゃん、もう(覚せい剤)やってないの?」と注射を腕に打つようなしぐさで聞かれ、高橋被告はそれに対し「捕まるのはイヤだからやっていない」とはっきり答えたという。しかし、この”悪魔のささやき”が薬物事件への入口となった。