文春オンライン
「僕ちゃんはどこに寝ようかな~」「淋病になったら『殺す気か』と殴られ…」ジャニー喜多川から“50回の性被害”郷ひろみの元付き人が顔出し・実名告発

「僕ちゃんはどこに寝ようかな~」「淋病になったら『殺す気か』と殴られ…」ジャニー喜多川から“50回の性被害”郷ひろみの元付き人が顔出し・実名告発

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : ニュース, 社会, 芸能, テレビ・ラジオ

note

「ジャニーさんの性加害で歪んでしまって、みんな何かに逃げてしまうということはあったと思います。フォーリーブスの北公次さんと、僕の後輩の豊川誕は覚醒剤にハマってしまった。他にもクスリや大麻で逮捕されたジャニーズタレントはたくさんいます。

 僕の場合は酒と博打でした。10代で六本木の主みたいに飲み歩いていて、交番のお巡りさんにも『トシちゃん飲ってる?』って挨拶されるくらいでした。NHKのプロデューサーらと賭けマージャンをするジャニーさんの代打ちをしたこともあります。10代の子がそんなことをしてるのに、周囲の大人は何も言わない。異常でしたよね」

性被害を証言した板野俊雄氏 ©文藝春秋

 今回、新たに「週刊文春」にジャニー喜多川氏による性被害を証言するのは板野俊雄氏(67)。1975年に3人組グループ「ジャニーズ・ジュニア・スペシャル(JJS)」のリーダーとしてレコードデビューし、その後、ジャニーズで唯一、女性メンバーが所属した「VIP」、田原俊彦のバックダンサーである「ジャPAニーズ」のメンバーとして活動した。その後は裏方に回り、田原やシブがき隊のチーフマネージャーを務めるなど、ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)の表も裏も知り尽くした人物だ。

ADVERTISEMENT

郷ひろみと北公次が住む合宿所で…

 1972年、フォーリーブスの付き人募集に応募した板野氏が上京して、事務所で働き始めたのは16歳のときだった。板野氏が住み込んだのは当時渋谷にあったジャニー氏の自宅兼合宿所。付き人の寮は恵比寿にあったが、板野氏だけがフォーリーブスの北公次と郷ひろみが住む合宿所で暮らすこととなった。板野氏が寝る和室の布団にジャニー氏が入ってきたのは、住み始めて2、3日目だったという。

「身体を触ってきて、あそこに手が伸びる。パンツを脱がせると、おしぼりで綺麗に拭いて(口で)します。田舎から出てきたばかりで童貞だし、わけわかんないですよ。でも男だから出せば気持ちいいわけです。その異様さといったら……。

ジャニー喜多川氏

 出し終わった後にジャニーが洗面所に行ってペッて吐く音が聞こえるんです。温かいおしぼりを持って戻ってきて綺麗に全部拭いてくれる。その後に今度はお尻を触り出したら、何かヌルヌルしたものを塗られて、今度は痛いわけです。地獄の日々です」

 板野氏が付き人になったのは、スター街道を駆け上がり始めた郷ひろみ。猛烈な忙しさだったという。