文春オンライン
「本当に認めたの? ちょっと信じられない」修理費用は60万円…外国車に傷をつけた子どもたちのママ、責任を取るべきは誰なのか

「本当に認めたの? ちょっと信じられない」修理費用は60万円…外国車に傷をつけた子どもたちのママ、責任を取るべきは誰なのか

『犯人は私だけが知っている~母たちは静観する~』#4

2023/11/03
note
『犯人は私だけが知っている~母たちは静観する~』より
『犯人は私だけが知っている~母たちは静観する~』より

 仲良しだった社宅のママ友が、ある事件をきっかけにぎくしゃくしていく……。10月4日に発売されたコミックエッセイ『犯人は私だけが知っている~母たちは静観する~』(KADOKAWA)の舞台は「社宅」。お互い知らない人なのに、隣人であり、会社の同僚としてもつながっている、どこか不思議な世界です。

 ここでは本書より、一部を抜粋して紹介します。子どもたちが停めてあった外国車に傷をつけ、60万円もの修理費用のうち保険適用外の金額を負担することになってしまったママ友たち。その翌朝、予想外の展開が……。(全3回の3回目/最初から読む

◆◆◆

「本当に認めたの? ちょっと信じられない」修理費用は60万円…外国車に傷をつけた子どもたちのママ、責任を取るべきは誰なのか

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら

関連記事