昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/07/26

ネッキーさんに送られた動画でのメッセージ

 この動画を意識不明のご主人の耳元で奥様が何度も再生し、心拍数に明らかな変化が見られたという。

 寺原投手の心意気に賛同したライトスタンドの同志たちが感謝の気持ちを表したくて、寺原ユニホームが増えてきたというのである。その時の動画がコチラ。

 動画の効果もあり根木村さんの意識は次第に戻り、寝たきりではあるが厳しいリハビリを毎日続けた。リハビリスタッフやケアマネージャー、友人や家族の綿密な計画によって脳出血で倒れてから半年経った11月、2017年のホークス優勝パレードを観に行くことも叶った。

優勝パレードに行った際に撮影

 今年の4月に在宅介護に切り替えたが要介護5で障害者1級というレベル。とてもじゃないが前のように簡単にヤフオクドームに行くことは難しくなった。

 それでも根木村夫妻の強い意志と全スタッフの協力により、2018年5月12日、脳出血で倒れてから1年と6日経った日、見事にヤフオクドームでの観戦を実現させたのである。

久々にヤフオク!ドームで再会した根木村夫妻と筆者

 奥様は言う、「要介護5・障害者1級のファンがヤフオクドームに行く道のりはかなり険しい」と。チケットや飲食とは別に介護レンタカーなら2万円程度かかる。社会福祉協議会のレンタル車両は17時までの返却が必須で野球観戦の時間帯では使えない。ヤフオクドームへの路線バスは超満員だから気が引ける。

 根木村夫妻のヤフオクドーム観戦は努力と工夫が必要だが、同志が寺原ユニホームを今日も掲げて応援している。

俺らの寺原ボード 提供/加藤淳也

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/8007でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー