昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

次の目標は100勝100セーブでどうだろう

 並のピッチャーならプレッシャーで今シーズンを棒に振ってもおかしくない。しかし1ヶ月のリフレッシュを経て松井裕樹は戻ってきた。そして7月は3勝をあげ、8月は防御率1.72。そしてここまで松井投手の穴をしっかり埋めてくれていたハーマン投手が8月末に怪我のため登録抹消されてしまう。そんな事もあり松井投手が自分の居場所に戻る事になる。

 9月5日、6日のほっともっと神戸でのオリックス戦を生観戦した。球のキレは抜群。自己最速タイとなる152キロも出た。しかしながらすべて100%の力で抑えるやり方ではなく、ストレートのキレが戻った事でチェンジアップやカットボール、カーブなどを上手に使い、余裕のある投球に見えた。前半戦とはまるで違う姿があった。生100セーブはお預けとなったが、16日にしっかり決めてくれたのでなんの文句もない。本当にお疲れ様でした。

 ここからは個人的希望なのだが、100セーブで一区切りとして来年からは先発をやってもらいたい。後ろがダメなのじゃなくて、先発左のパワーピッチャーがいないのもあるが、そもそもこんな素晴らしいピッチャーが先発をやらないなんてあり得ないからだ。この4年間で培った経験があれば、とんでもないローテーションピッチャーになれるはず、そして今現在の投球スタイルでそのまま先発にハマるような気がするからだ。次の目標は100勝100セーブでどうだろう。

 あぁ夢が広がる。

君だけのためのhero
限りなく遠い道も
君とならどこまでも
夢つかむまできっと

I'll be your hero

安室奈美恵 『CHASE THE CHANCE』
作詞:小室哲哉&前田たかひろ 作曲:小室哲哉

安室奈美恵『Hero』
作詞・作曲:今井了介/SUNNY BOY

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/8856でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー