昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/09/14

ブラウンズが1勝したらバーでビールが飲み放題

若林 ペイトリオッツは本当に安定してる。今季初戦はテキサンズがペイトリオッツに負けたんですよ。ドトールでスマホ投げようかと思ったもん(笑)。今年はテキサンズが強いんじゃないかと言っている人が多いらしいけど、NFL解説者が言っていること、当たったためしがないんだよなぁ。ちなみにブラウンズの初戦はオーバータイム(延長戦)までもつれた挙句に最後のプレーでフィールドゴールのキックを失敗して引き分けというね。

春日 長々ともつれたうえであのキック失敗ですよ。一ボケのためのフリが長すぎる(笑)。最後のあれがもう、大オチでしょ。でも、あれがブラウンズなんですよ。ああいうところが応援したくなるじゃないですか。下から突き上げて行こうというね、そういうスタンスにしたんです、今季は。

相武 私も今年はもうちょっと一喜一憂しながら楽しみたいなと思って。癒しだけじゃなく、刺激も欲しいなと思います。

春日 だってブラウンズからしたら1勝の重みが違いますよ。ニュースで見ましたけど、クリーブランドのバー、ブラウンズが1勝したらビールが飲み放題らしいんですよ。

若林 1勝でもう、スーパーボウルを制したみたいな感じだね(笑)。

春日 それぐらい勝てないから、ビール会社も損しないと思ったんでしょ。ブラウンズが勝ったら鍵つきの冷蔵庫の扉が開くんですよ。そこからいくらでも持っていきな、みたいな。「そんなに弱いんだ」と思って(笑)。絶対、勝てないだろうと思われているんだろうね。

若林 初戦の最後、キックの時はもうみんな、ビール飲もうとしてただろうね(笑)。

©NTV

ブラウンズが勝ったら春日のアパートの扉も……

春日 冷蔵庫の前に行列になって見ていたでしょうね。そんで外れて「オイッ」て(笑)。それぐらいのチームなんで、応援のし甲斐は今までで一番あるかもしれないですね。負けて当たり前ですからね、プレーオフなんていったら儲けもんですよ!

相武 前向きでいいですね、その見方。

若林 ブラウンズが勝ったら春日もアパートの扉開けて、アパートの中身持っていき放題にしたらいいんじゃない(笑)。

春日 そうしましょうか。『NFL倶楽部』の収録の日に鍵をかけないで出てくる。その1日だけですよ。春日はすぐ帰りますけどね。収録中だけは入れる。

若林 逆に中のものが全部残ってたら、それはそれで悲しいな。「いや、持って行けや」って(笑)。